kitchomi

/ 2018.12.01 Sat /

José Mourinho

Mourinho – illustration

マンUというチームは例の〈何とか一家〉の持ち物に成り下がって以降、かなり好きくない部類のチームになってしまいましたが、モウリーニョが監督でルカクがいるなら、ということで毎ゲーム一喜一憂しております。
なかなかスカッと晴れない状態が続いてますが、なんとか今シーズン粘って、来季のモウリーニョ・フィーバーを目の当たりにしたいところです。